インカジ@大阪(なんば)を安全に満喫する方法

インカジ@大阪(なんば)でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法

大阪の難波(なんば)は、大阪を代表する繁華街のミナミの玄関口的な場所で、
それこそオモチャ箱をひっくり返したような雑多なお店が集まっていて、アミューズメントパークのような雰囲気を漂わせる街です。

バッタもんを叩き売るお店やB級グルメ、お笑いの殿堂「なんばグランド花月」もあったりして、
難波(なんば)を訪れて退屈することはまず無いでしょう^^

当然、ここにはアングラな存在を多く集まっていて、
インカジ情報も比較的簡単に入手可能かと思われます。

その証拠に、ここ難波(なんば)では、警察のインカジ店への取り締まりも頻繁に行われているようで、最近では

大阪府警生活安全特別捜査隊は2月10日、常習賭博の疑いで違法カジノ店「ボム」経営者・豊田享功容疑者(40)と、従業員・男性客ら合わせて9人を逮捕した。

容疑者らは2月9日夜、大阪市中央区宗右衛門町の雑居ビル一室で、ポーカーゲームなど海外のインターネットカジノで客に賭博をさせ、1日800万円以上売り上げていたとみられている。

また、同店は年中無休で1日約70~80人の客が出入りしており、この日府警は店内から現金約1,150万円やパソコンなどを押収した。

豊田容疑者は容疑を認めており、警察は店の売上金が暴力団組織の資金源になっていた可能性もあるとみて調べを進めている。


大阪府警は、常習賭博容疑の疑いで大阪市中央区宗右衛門町のネットカジノ賭博店「VIII」(エイト)の店長・分藤肇容疑者(59)ら2人と20~60代の男女客6人を現行犯逮捕した。

容疑者らは2017年1月17日夜、店内に設置されたパソコンからインターネットカジノに接続し、客の男女らに賭博をさせた疑いがもたれている。

府警は、店内などからパソコン16台と現金約450万円を押収し、さらに分藤肇容疑者の上に別の経営者がいるとみて、利益が暴力団に流れていた可能性も視野に詳しく調査を進めている。


などのニュースが世間を騒がせていました。

注意が必要なのは、カジノ法案が可決成立した今も、
インカジは違法な存在であることには変わりがありません。

(今後は環境が変化する可能性もありますが、)なので、決してインカジには近づかないで下さい。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。
一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@大阪(なんば)を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!




【要注目★新着オンラインカジノ】30ドル無料進呈中!

「カジクラ(CasiQura)」(カジノ倶楽部ジャパン)はクレジットカードもecoPayzも対応!ゲームセンター感覚で遊べるスマホカジノゲームです!※ハイローラー向けVIP プログラム完備



■No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。
どんどん進化して便利になるオンラインカジノ情報が満載!
このサイトは『お気に入り』に追加しておきましょう。
>>>動画で詳しく説明!オンラインカジノの情報なら「オンカジ」

コメントを残す




CAPTCHA