インカジ@名古屋市を安全に満喫する方法

【インカジ@名古屋市でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

名古屋市のインカジで客も現行犯逮捕(2019/5/12)

愛知県警中署などは12日(2019/5/12)、常習賭博の疑いで名古屋市中区栄のインターネットカジノ店「ジャンプ」の従業員浅川剛吏容疑者(30)
と清田亮哉容疑者(23)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は12日(2019/5/12)午前0時25分ごろ、客2人にパソコンでバカラ賭博をさせた疑い。
(中略)
中署は客の男2人も賭博の疑いで現行犯逮捕。同店を家宅捜索し、パソコン9台と売上金とみられる現金約270万円を押収した。(西日本新聞)

愛知県の中心、名古屋市は中京・東海地方の政治経済文化の中心で、
今でも発展を続けている日本の大都市です。

愛知は、日本が誇る世界のトヨタ自動車の本拠地としても知られていますね。

そんな愛知県名古屋市は、歴史も古く、
三種の神器の一つである「天叢雲剣」が祀られている熱田神社も、
名古屋市にあります。

また、江戸時代には、徳川御三家の1つである尾張徳川家の城下町としても、
大いに繁栄をしました。

そんな名古屋市には、当然ながら周囲から多くの人が仕事や買い物目的で集まってきます。
人が集まる場所には、いろんな娯楽が集まり、インカジなどのアングラなサービスも自然と引き寄せられてきます。

大都市である名古屋市の繁華街は、
栄や名駅、大須、金山が有名です。

これらの繁華街周辺には、居酒屋などの飲食街はもちろん、あらゆるサービス業が軒を連ねていますが
インカジもその中の1つです。

以前も、名古屋市中区栄4丁目の「横綱」というインカジ店が摘発されましたが(摘発のきっかけは、バカラで負けた客がハライセに警察に情報提供したことでした…

今年(2019年)になって、また新たな摘発事例が増えてしまいました…。

やはり、インカジの利用は危険だと思います。

インカジは利用してはダメ!


インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。
一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<国内銀行送金>や<エコペイズ><ヴィーナスポイント>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@名古屋市を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。
ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジなどの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。



マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@歌舞伎町を安全に満喫する方法

【インカジ@歌舞伎町でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

デジタルカジノ摘発

デジタルカジノ摘発


デジタルカジノとは?!2018年末に歌舞伎町で警視庁で初めてデジタルカジノが摘発されました。

デジタルカジノは、バカラやルーレットなどカジノの定番テーブルゲームに欠かせない存在であったチップを使わず、現金をデジタルポイントに変換し、そのデジタルポイントを賭けて客に賭博をおこなわせる違法カジノ店のことです。

またデジタルカジノの台は、レートの自動計算もできる最新鋭のもので、背後に大規模な組織があることを感じずに入られません。

それにしても、インカジ(ネカジ)の世界にもキャッシュレス化の波は押し寄せているようですね。

警視庁保安課は、ロボットのディーラーを使ってバカラ賭博をしていた新宿区歌舞伎町のバカラ賭博店の従業員2人を常習賭博の容疑で逮捕した。

今年3月末から営業していたというこの店舗。設置されていたロボットアームがディーラーとなりバカラゲームを実行。その結果に対し、客がタッチパネル式のモニターから金を賭けていたという。
(出典:アメーバニュース 2014年11月08日)

今回の歌舞伎町でのインカジの摘発は、カジノディーラーがロボットだった点が初めてのケースで珍しい事件でした。

(個人的には、ロボットがディーラーの役目をはたすこと自体驚きですが・・・)

中には新しいものが好きなプレイヤーが、もの珍しさに釣られて来店することもあったのではと想像できます。

店側としては、<人件費の節減>とか<プロのディーラーを確保する手間が省ける>等のメリットがあるのでしょうか?

また、インカジにつきまとうイカサマ疑惑も、ロボットにすることでクリーンにできると考えたのかも知れません。

実は、このインカジの摘発事件はもう一つの理由でも注目を集めています。それは、このインカジがテナントとして入居していた貸ビルのオーナーも逮捕されたことです。

新宿・歌舞伎町のビルの一室を、「違法営業の裏カジノ店」と知りながら賃料を受け取っていたとして、警視庁保安課は、1月21日、ビル管理会社「リ―企業」の代表者ら2名を逮捕した。

この事件が、今、貸しビル業者間に波紋を広げている。なにしろ、容疑が暴力団など反社会的勢力を対象とした組織犯罪処罰法違反だったからだ。
(出典:Livedoor NEWS 2015年2月1日)

違法なインカジを開店しようとして貸し店舗を借りに来て、正直に話す人間もいないと思いますので貸しビルオーナーも大変だと思います。
(インカジの経営者や店長は殆どがダミーですし・・・)

いづれにしても、(ディーラーが人間でなくロボットであっても)
インカジは違法で、利用すると賭博罪に該当して摘発される危険が高いです。

最近は、歌舞伎町を普通に歩いてるだけでも「カジノしませんか?」と、声をかけられることもあるようですが、相手にしてはいけません。

インカジ(カジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
といってもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、店に入れて貰うだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、スマホからでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということが考えられます。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒で挫折する人も少なくありません。また、日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能なんです。


さらに、カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<国内銀行送金>や<エコペイズ><ヴィーナスポイント>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅からアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。

現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@歌舞伎町を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・ディーラーがロボットでも違法なのは同じ。
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に賭けて遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない。(美人ディーラーが多数在籍しています^^)もちろんライブバカラもスマホで遊ぶことができます。

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@大塚を安全に満喫する方法

インカジ@大塚でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法

山手線の大塚駅は、豊島区南大塚三丁目に位置し、
都電荒川線が乗り入れていて、荒川線との接続駅になっています。

(荒川線に乗れば、一気にディープな東京の下町へも行くことができますのでおすすめです。)

最近は駅ビル(アトレ)ができて、便利になってきましたが、
元々、第二次世界大戦前の大塚には百貨店(白木屋)や花街、映画館、寄席もあり、
大変賑やかだったらしいです。

花街の名残りは、今でも大塚三業地で感じることができますので、
レトロ街歩きが好きな方には絶好のポイントかも知れません。

そんな大塚ですが、最近インカジの目撃情報は見当たりませんでした。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@大塚を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@苫小牧を安全に満喫する方法

【インカジ@苫小牧でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

北海道の空の玄関である「新千歳空港」に隣接する苫小牧は、北海道を代表する工業・港湾都市です。

もともと、豊富な水資源と木材に恵まれていた苫小牧に製紙産業が進出したことから発展が始まり、
現在でも、苫小牧港の内航取扱貨物量は日本一の規模を誇っていて、
東部に位置する苫東には、世界最大級の石油備蓄施設も置かれています。

そんな苫小牧は、JRの駅の近くに大きな工場があったり、
ショッピングモールの巨大な駐車場は客の車で埋まってたり
活気が感じられる元気な地方都市です。

そんな、苫小牧ですが、最近インカジの目撃情報はありませんでした。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@苫小牧を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@平塚を安全に満喫する方法

【インカジ@平塚でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

平塚は、神奈川県の海沿いに位置していて、
有名な湘南地方に含まれる町です。

都心に近く、海も目の前にあるという
ある意味絶好のロケーションに恵まれている平塚市は、
早くから発展してきました。

また、その一方で横須賀に近い関係で、
平塚市には、かっての戦争時代には軍関係工場が集まり
軍需産業の町という側面も持っていました。

そのため、平塚市は当時のアメリカ軍の、
空襲の標的にもされた過去があります。

また、平塚市観光大使には
タレントの山瀬まみさんが就任しています。

山瀬さんは、生まれは埼玉らしいですが、
お父さんの転勤で平塚市に越してきたとのことで
独特なキャラが人気ですよね!

個人的にも大ファンです。

平塚市は、個人的には典型的なベッドタウンというイメージが強く、
インカジなどの情報も少ない印象があります。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です

※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<国内銀行送金>や<エコペイズ><ヴィーナスポイント>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@平塚を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@バカラを安全に満喫する方法

一般に「バカラ」というと、
フランスの有名クリスタルのことを思い起こす人もいるかと思いますが、

ギャンブルの世界で「バカラ(Baccarat)」と言えば圧倒的人気を誇るトランプを使ったテーブルゲームのことを意味します。

「バカラ(Baccarat)」は、数多いカジノゲームの中でも、大金が動くゲームとして知られていて、
このあたりが、「バカラ(Baccarat)」が富裕層から庶民まで、世界中の人々を魅了する原因かも知れません。

また、「バカラ(Baccarat)」は一回のゲームに時間がかからないので、短時間で何度でもプレイできることも、
忙しい現代人にとっては大きな魅力になっていると思います。

実際、毎日忙しい会社員なども「バカラ(Baccarat)」なら気軽に楽しめます。

さらに言えば、他のカジノゲームに比較してペイアウト率が高く、勝ちやすいのが「バカラ(Baccarat)」です。

ちなみに、主なゲームのペイアウト率は次のようになっています。

・スロット:94%
・ブラックジャック:96%
・バカラ:99.8%

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@バカラを安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@尼崎市を安全に満喫する方法

【インカジ@尼崎市でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

尼崎市は、兵庫県の南東部の地方都市で、
大阪市に隣接している街です。

ちなみに、兵庫県の中では
4番目に人口が多い都市とのことで、
中核市の指定も受けているらしいです。

高度成長期には、公害の都市として有名だったらしく、
「工都」と呼ばれていたこともあるそうです。

また、臨海部には埋立地が多く、
海抜ゼロメートル土地が少なくないそうです。

やはり大阪市に隣接している街ということで
イメージが(大阪に食われて)薄い印象がありますが

個人的には、尼崎市といえばダウンタウンの二人の出身地
というイメージが大きかったりします。

また、個人的に好きなジャーナリストの勝谷誠彦さんも
ここ尼崎市の出身らしいです。

また、かって遊郭があったことでも尼崎は有名で
兵庫県では福原や三宮と並び称される地域です。

「かんなみ新地」など今でも現存するプレイスポットがある街として
アングラ文化が好きな人間にとっては要注目の街だと思います。

一方で、インカジ情報もちらほらと見聞きすることもあって、
兵庫県警生活環境課などのインカジ店関係者の逮捕ニュースも
時々流れているようです。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@尼崎市を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@博多を安全に満喫する方法

【インカジ@博多でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

博多は、九州で最大の都市である福岡市の地域名ですが、
福岡と博多の違いって何?という人も居られるかも知れません。

昔から良く引き合いに出されるのが、
(今でも)JRの駅名で福岡駅という駅はなく、
博多駅が福岡最大の玄関口である、ということですが、

ちなみに、私鉄(西日本鉄道)の駅名には福岡駅という駅があります。
(これも、かっては福岡駅ではなく天神駅だったのですが・・・)

福岡と博多はどちらも地名ですが、
歴史の長さで比較すれば、博多の方が長いです。

博多は博多湾に面する街の名称で、
博多津などと呼ばれ現在に至ってます。

一方、福岡という名称は、
徳川の時代に黒田氏がこの地に入国し、
城下町を福岡と名付けたことが始まりです。

そして、市内を流れる那珂川を境にして
西側を城下町の「福岡」、
東側を商人の町としての「博多」
と呼ぶようになったらしいです。

そう言えば、有名な「博多祇園山笠」も、確かに博多地域で行われるお祭りです。

歓楽街といて全国的に有名な「中洲」は、
境界線である那珂川の中洲にあるので、
福岡と博多の真ん中に位置する街といえるかも知れませんね。

もし、博多でインカジを探すなら、
この九州一の歓楽街、中洲周辺で探すのが効率的だと思います。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@博多を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@中洲川端を安全に満喫する方法

【インカジ@中洲川端でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

中洲川端は、九州で一番の夜の街・繁華街「中洲」の最寄り駅で、
福岡市地下鉄空港線、箱崎線の駅の名称です。

かって、博多リバレインが建設される以前は
上川端通り、下川端通りと分かれて大規模なアーケード街があり、
買い物する人々を集めていました。

そう言えば、デパートもあったんだっけ・・・
確か「玉屋」とかいったと思います。

今でも、川端通商店街は健在で
名物の「ぜんざい屋」も復活していますが、
やはりかってのような人混みは見られないような気がします。

川端通商店街が健在なのは、地下鉄の中洲川端駅から
シネコンなどがある人気の複合施設「キャナルシティ」に行く通り道になっていることが
大きいような気がします。

人の流れが変わってしまったので仕方ないですが・・・

夜の中洲は元気なのか?
最近は行かないのでわかりませんが、
昔からの名店は残ってるし、
名物の屋台ももちろん健在なので
賑わってるのでは、と想像できます。

そういえば、かって中洲の名所?だった
ハリウッドが無くなって久しいですが、
やっぱりああいうアングラな存在が無くなると
ジワジワと街のエネルギーが削がれていくような気が
個人的にはしてしまいます。

アングラな存在ではないですが、
中洲の屋台は、頑張ってずっと残って貰いたいですね。

また、同様にアングラな存在のインカジですが、
ニュースでも違法カジノが摘発されたことが
忘れたように報道されることがあったりしますので、
付近で営業していたりするかも知れません。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@中洲川端を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★

インカジ@千葉市を安全に満喫する方法

【インカジ@千葉市でインターネットカジノを摘発の心配なしに安全にプレイする方法】

千葉市は、千葉県でも西部に位置していて
千葉県の県庁が置かれている千葉の政治・経済の中心都市です。

かっての千葉市の海岸沿いには、遠浅の海が広がっていたそうですが、
高度経済成長の時代に埋め立てられ、一部人工の砂浜があったりするものの
今はその姿を見ることはできません。

そのかわりというか、美浜区などに広大な土地が造成され現在の街の姿が出来上がっています。

千葉市の繁華街というと幕張新都心のイメージが大きいですが
中央区の亥鼻城近辺にも繁華街があり、
個人的には、後者の方が昔ながらの繁華街という感じがして好きです。

また、千葉市には栄町という有名な歓楽街があります。
栄町は、浅草の吉原や大阪の飛田新地に比べると歴史が長くないらしいですが、
逆にいえば、それだけ建物が新しくキレイという評判らしいです。
(ナルホド!)

そんな栄町も現在は斜陽の波が押し寄せ
建物が取り壊された後のコインパーキングが目立つ状態みたいです。

人通りも閑散としたイメージが強く、
インカジなどの情報も見かけないように感じます。

インカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。
※インカジ(カジノカフェ)は非合法で客も逮捕されます。

そもそもインカジ(カジノカフェ)店内に入るには、誰かの紹介が必要で
一見の客は入店できないのが通常でしょうから、インカジ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジ(カジノカフェ)で遊ぶ理由が見当たらないと思います。

一方で、オンラインカジノは安全です
※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

オンラインカジノが使いやすくなった!

最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うカジノカフェ(インカジ)の利用者は、
どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、

カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<ネッテラー>や<i-BANQ>など便利な方法が準備されているので、
数日で現金化(コンビニATMから出金)することが可能です。

個人的には、もう、わざわざカジノカフェ(インカジ)まで出かけて行って、かつ、
リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。


ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。


※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。


詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件


しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのカジノカフェ(ネットカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、
決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
※ お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!

インカジ@千葉市を安全に満喫する方法~まとめ

・インカジ(カジノカフェ)は違法で賭博罪に該当する!利用してはダメ
・一方でオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた。
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている。
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能。
・自宅などから海外のオンラインカジノで遊んでも(現状)取り締まる法律がないので安全。

オンラインカジノのすすめ

危険を伴うカジノカフェでプレイするより、
これからは、安全に遊べて本格的カジノゲームを満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!


■No.1:カジノシークレット(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:カジノシークレットは日本人のためにつくられたネットカジノでもちろんスマホ、PCでプレイ可。インスタントキャッシュバックを初めて採用し制限なく即使用できます。クレジットカード入金など多様な入出金方法も抜かり無く完備されていて、日本人が最も安心して便利にプレイできるネットカジノの一つだと言えます。(カジノシークレットのキャッシュバックはズバリ現金なので、そのままリアルマネーゲームにも使えますし出金することもOKです!

■同率No.1:ベラジョンカジノ(おすすめ度★★★★★

↑おすすめ理由:クレジットカードで入金できてスマホでもプレイ可能、日本語対応と本当に日本人がプレイしやすいカジノ。スマホならいつでもどこでも好きなときに手軽にプレイ可能です(もちろんPCでもソフトのダウンロード無しで遊べます)。

■No.2:エンパイアカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:最大の特徴はバカラにチカラを入れていること。←もともとリアルカジノ(ランドカジノ)を運営している本物のカジノが運営しているので他のオンラインカジノには真似できない規模とサービスを誇る。(バカラだけでも50テーブル以上あるので相性がいいディーラーの卓へ移動するのもOK★)ライブバカラもスマホで遊べて、クレジットカードも使えます★さらにはローリングバックなどのVIP対応を受けることも可能★★

■No.3:ワイルドジャングルカジノ(おすすめ度★★★★

↑おすすめ理由:ワイルドジャングルは高額のジャックポットを頻繁に出しています。(数千万円はざら、億を超えることも)カジノドリーム、一攫千金を狙うならワイルドジャングルです。ワイルドジャングルはパソコン(PC)専用なのでプレイするにはダウンロードが必要です。

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。


マルタ共和国ライセンス取得の次世代ネットカジノ「カジノシークレット」は
(既存カジノの翻訳ではなく)
サイトの設計当初から日本向けに開発されたネットカジノです。
出金条件無しキャッシュバック ★★★★★ 
トーナメント常時開催 ★★★★★
日本人の感覚にピッタリのサイト作り ★★★★★