インカジとは…インターネットカジノの略語?

インカジとは?画像

通称インカジとかネカジと呼ばれる違法カジノ店がありますが、警察の摘発取り締まりの際に当該カジノに居合わせたら客も現行犯逮捕されますので本当に危険なんです。

その一方でネットカジノやオンラインカジノと呼ばれる海外カジノサイトならリスクゼロでバカラやルーレット、スロットなどのカジノゲームを満喫することができるんです。

本ページの記事を読んで「もうインカジやネカジにわざわざ出かけていくのが馬鹿らしい…」と思って貰えば嬉しいです。

インカジとは?

インカジとは?画像1
通称インカジと呼ばれるカジノ店があることをご存知ですか?

インカジはどんな場所にある?

インカジ(ネカジ)は県庁所在地などの大都市の歓楽街と言われる場所に多く存在していて、違法な存在なので当然ですが、外見からはそれと分からないです。

また一見の客は断られるケースも多く、入店するだけでも大変…そんなインカジですが、例えば東京(都内)では渋谷(道玄坂)や池袋、上野、新宿(歌舞伎町)、八王子、町田、六本木、立川、高田馬場、西日暮里、五反田、京橋、錦糸町、小岩、築地、高円寺、西葛西…など大小合わせて数百件のインカジ店が隠れて闇営業していると言われています。

インターネットカジノの略語=インカジ…ではない

インカジには「インターネットカジノの略語=インカジ」という単純な関係以外の意味があるんです!

通常、インターネットカジノといえば、
インターネットを利用してカジノをプレイできるサイトのことで、オンラインカジノやネットカジノとも言われます。

インターネットカジノでは、カジノの人気ゲームのビデオスロットはもちろん、ポーカーやバカラ、ルーレット、ブラックジャック(BJ)など、通常のカジノ(ランドカジノ)にあるカジノゲームは全て楽しめて、さらにはディーラーとの生のやり取りを楽しめるライブゲームも可能です。

casino

そして、一般的にインターネットカジノのことを短く略して、
インカジやネカジと表現する場合が多いのですが・・・

現在の日本では単純に、インターネットカジノの省略形がインカジという考え方が当てはまらないので注意が必要です。その理由は違法なカジノカフェ(ネットカフェ)の存在です。

違法なカジノカフェ(ネットカフェ)とは、インターネットカジノ(インカジ)をプレイする場所を客に提供し、客が勝った場合は、その場ですぐに清算して現金に交換してくれるお店のことで、現在の日本ではこれらの違法なカジノ店のことを特に指してインカジと呼ぶことが多いです。
※ 利用者の立場から見たら、賭けに勝ったら即現金に交換して貰える点が大変便利な存在だったりします。

また、殆どの店で24時間営業フリードリンクなど裏カジノと同様のサービスを受けられるようです。

ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからパソコンやスマホを使ってアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。
※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。

詳しくはこちらを参照下さい。

不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件(賭博罪専門の津田岳宏弁護士のブログへ)
インカジとは?画像2
しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるカジノカフェ(ネットカフェ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。
現に、多くのインカジ(カジノカフェ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、決してカジノカフェ(ネットカフェ)のインターネットカジノ(インカジ)は利用してはいけません。
(お店で合法ですと説明されても、信じちゃダメですよ!)

インカジの仕組み

インカジ(闇カジノ)のビジネスモデルを紹介する動画です。
インカジの(雇われ)経営者や店員って高い給料を貰ってるんですね!(長くは続かないでしょうが…)

【実録】闇カジ ノ ビジネスモデル

インカジやめたい人へ

インカジやめたい人へ…下の動画ではインカジ(ネカジ)や違法カジノと呼ばれる危険な誘惑に手を染めるとどうなるか…わかりやすく解説してあります。

あなたは狙われている! 第1話:違法カジノに手を染めたばっかりに
(参考:刑法)
・(賭博) 第百八十五条 賭博をしたものは、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りではない。
・(常習賭博及び賭博場開張等図利) 第百八十六条 常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。 2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以下五年以上の懲役に処する。

インカジとは?画像3

インカジは客も逮捕され危険…オンラインカジノなら安心です!

2020年新宿(歌舞伎町)の違法インカジ摘発事件

新宿・歌舞伎町など繁華街でインターネットカジノ4店舗を経営したなどとして、警視庁保安課は2020年3月13日、経営者の酒井崇寛容疑者(46)=新宿区西落合=や従業員の男20人を常習賭博容疑で、客の男女11人を賭博容疑で逮捕したと発表した。
(中略)
インターネットカジノ店は雑居ビルで営業している場合が多く、客はパソコン画面を見ながらギャンブルに興じるという。バカラやルーレットの台、スロットマシンが並ぶような昔の違法カジノのイメージはない。保安課によると、摘発された4店は歌舞伎町(新宿区)と六本木(港区)、渋谷区道玄坂にあり、いずれも24時間営業で会員制。入り口は施錠され、防犯カメラの映像などで会員の顔を確認した上で入店させていた。逮捕された客は会社員や無職の20~60代男女で、フィリピン国籍や中国籍の外国人もいたという。(引用:毎日新聞)

2019年渋谷(道玄坂)の違法スロット摘発事件

東京・渋谷で闇スロ摘発2019年12月11日
警視庁が東京・渋谷区道玄坂の違法パチスロ店を摘発し、店の責任者の男ら4人を逮捕したと、TBS NEWSなどが報じた。常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは、渋谷区道玄坂にある違法パチスロ店の責任者・福田光一容疑者(46)ら4人で、店に違法なパチスロ機38台を設置し12月5日、客を相手に賭博をした疑いが持たれている。
警視庁によると、店の出入り口には監視カメラなどが備え付けられていて、出入り口の扉は金属製で二重になっていたという。取り調べに対し、4人はいずれも容疑を認めているという。(引用:アミューズメントジャパン)

インカジやネカジは本当に摘発のリスクがあるので危険です!しかし一方で、繰り返しになりますが、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからパソコンやスマートフォンでアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。なので、安心して本物のカジノゲームを満喫することができます。

※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。

これは画期的なことです。

詳しくはこちらを参照下さい。

不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件(賭博罪専門の津田岳宏弁護士のブログへ)

インカジには新型コロナウイルス感染のリスクも

さらにインカジ(ネカジ)には新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス等の感染リスクもあります。

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス等への感染を避けようと思ったら、ダイヤモンドプリンセス号の事例を見れば明らかですが、人混みを避け混雑した電車に乗らないようにすることが有効だと考えられています。まさにインカジ(ネカジ)もクルーズ船と同様に密閉された空間で空気の入れ替えも十分ではない可能性が高いです。

なので今回の新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大が終息するまでは当分の間、インカジ(ネカジ)には近づかないほうが安全安心なのは間違いないです。

オンラインカジノが使いやすくなった

オンラインカジノの画像
最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

こんなに便利で気軽に遊べるオンラインカジノがあるのに、摘発されるリスクを伴うインカジ(違法なカジノカフェ、ネットカフェ)の利用者は、どうして危険な目に遭いながらも利用し続けるのでしょうか?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということが考えられます。
オンラインカジノで遊ぼうとすると、まずカジノに入金しなければいけません。
入金するには、オンラインカジノでも使える海外ネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒で挫折する人もいます。また、日数もかかります。
card

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、
カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能なんです。

さらに、カード入金の場合カジノの自分のアカウントにすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も国内銀行送金やエコペイズ、ヴィーナスポイント、iウォレットなど便利な方法が準備されているので、数日で現金化することが可能です。

個人的には、もう逮捕されるリスク(危険)を冒して、わざわざインカジまで出かけて行って、違法なインカジ(ネカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。

摘発される東京のインカジより…オンラインカジノのおすすめ

危険を伴うインカジやネカジに行くよりも、これからは、リアルマネーで安全に本格的カジノゲームの臨場感を満喫できるオンラインカジノでスマートに楽しみましょう!
(↓のカジノはすべてスマホで安全に遊べてクレジットカード入金OKのオンラインカジノです。)

Vera&John(ベラジョンカジノ)

ベラジョンカジノの評価
⇒モバイル対応度     ★★★★★☆
⇒日本語サポートの充実  ★★★★★☆
⇒キャンペーンの充実   ★★★★★☆
⇒初回入金ボーナスの充実 ★★★★★
⇒入出金方法の充実     ★★★★
⇒スロットの充実      ★★★★

ベラジョンカジノのおすすめ理由(クリックすると開きます)
おすすめ理由:
⇒ベラジョンカジノは厳しい競争で知られる日本のオンラインカジノ業界でトップの人気を守り続けているカジノです。まだアカウント未登録の方には登録を強く推奨します。

⇒ベラジョンの【日本人向けキャンペーン】【お得なボーナス】【日本語サポート(年中無休)】はユーザー評価が高いことで知られています。
さらにベラジョンのモバイルサイトは使いやすいことで有名で、スマホでカジノを楽しみたい方にも強く登録を推奨します。

⇒ベラジョンカジノはもちろんカード入金に対応していますので手軽にカジノライフをスタート可能です(その他の多様な決済サービスも用意されています)し、出金は国内の銀行口座に直接、手数料無料で送金が可能です。

Vera&John(ベラジョンカジノ)はマルタ共和国(Malta)のカジノライセンスの発行と認可を受けています。

 
ベラジョンカジノは現時点で日本人が最も選んで間違いないオンラインカジノです。話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

BitCasino(ビットカジノ)

ビットカジノの評価
⇒本人確認書類が不要   ★★★★★☆
⇒出金スピードが速い   ★★★★★☆
⇒日本語サポートの充実  ★★★★★
⇒VIPプログラム充実度 ★★★★★
⇒モバイル対応度      ★★★★
⇒スロットの充実      ★★★★

ビットカジノのおすすめ理由(クリックすると開きます)
おすすめ理由:
⇒ビットカジノは暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン)のままで賭けて遊べる世界初のビットコイン専門オンラインカジノです。

⇒ビットカジノの出金スピードは最短で2分という他のオンラインカジノでは考えられない速さです。

⇒ビットカジノはオンラインカジノで唯一(本当にここだけ)本人確認書類の提出が不要なオンラインカジノです。なので生年月日とメールアドレスを入力するだけでサクッと登録が完了し本格カジノで遊ぶことができます。

⇒ビットカジノは最近、日本円での入金にも対応して、一層、日本人が使いやすいオンラインカジノになりました。(日本円でプレイする場合も本人確認書類は不要です😎)

BitCasino(ビットカジノ)はオランダ領アンティル諸島キュラソーのカジノライセンスの発行と認可を受けています。

ビットカジノは本人確認書類が不要で「生年月日」と「メールアドレス」だけで登録が完了しますのでサクッとカジノのアカウントを作ってサクッとカジノで遊びたい人にピッタリのオンラインカジノです。また話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

オンラインカジノのおすすめ ランキング画像
ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、
・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジなどの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。一方で令和元年(2019年)7月15日の今現在、「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは(例外なく)海外のライセンスを取得し許可を得ています。逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで知られています。
・英国(United Kingdom、UK)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。

オンラインカジノの世界は、現在、進化発展途上の真っ最中です。なので今まで問題なく使えていた入出金サービスが使えなくなったりすることがあります。クレジットカード入金の場合「JCB」は使えないことが多いですが、「Visa」や「MasterCard」でも入金できないケースもあるのが実情です…しかし信頼できるオンラインカジノなら方法は変わっても安全に入出金できるサービスが必ず用意されています。なので安心してオンラインカジノを楽しんでください。

※もしお手元のクレジットカードが使えない場合、今おすすめの入出金サービスはecoPayz(エコペイズ)です!

ecoPayz(エコペイズ)は英国発、2008年に設立され世界159カ国で45種類もの通貨が利用できるオンライン決済手段で、英国の金融行為監督機構FCAの認可の下で運営されています。

ちなみに、ecoPayz(エコペイズ)はサイト表記の言語はもちろん日本語ですし、問い合わせサポートまで日本語対応なので安心です。

さらにecoPayz (エコペイズ)では「ローカル銀行入金」を利用して簡単に入金できます。
(ローカル銀行入金とは、日本国内の指定口座に送金すればecoPayz (エコペイズ)に入金が反映される大変便利なサービスです。)

出金の際も、ecoPayz (エコペイズ)なら(2018年10月以降)日本国内の銀行口座に直接円で送金可能なので使いやすくストレスフリーです。

エコペイズ口座開設はこちら

オンラインカジノのおすすめ ランキング画像

タイトルとURLをコピーしました