インカジ@名古屋市を安全に満喫する方法

名古屋市の画像

インカジって?画像

インカジ@名古屋市でネットカジノを安全にプレイする方法

インカジやネカジ(違法なカジノカフェ)は、客も現行犯逮捕されるので絶対に利用してはいけません。その一方で、オンラインカジノは安全なんです。

このページでは「違法なインカジを利用するとどうなるか?」また、「オンラインカジノはなぜ安全と言えるのか?」について分かりやすく解説します。

名古屋市のインカジで客も現行犯逮捕

名古屋市のインカジ摘発でも、実際にお客が現行犯逮捕されています。

名古屋市中区、インカジが頻繁に摘発される場所

インカジ店は警察の摘発逃れのために、短期間で場所を変えるので具体的な場所は分かりません。しかし摘発が頻繁に行われる場所は決まっていて名古屋市中区もその一つです。



2020年名古屋市のインカジ摘発事件

客にバカラ賭博をさせたとして、愛知県警中署などは2020年5月16日夜、賭博開帳図利などの疑いで名古屋市中区錦3のカジノ店「Q」を家宅捜索し、店の従業員や客ら計23人を同容疑などで逮捕、バカラ台4台と現金約700万円を押収した。客の1人は「新型コロナウイルスの影響で行くところがなく、週2~3回は通っていた」と供述しているという。

逮捕されたのは、店の営業に関係していたとみられるいずれも職業不詳の浦野貴士(45)=同県小牧市北外山、東川隆洋(58)=名古屋市中川区富船町3、小柴孝(75)=同市中区新栄1=の3容疑者と、家宅捜索時に店にいた従業員の男女8人、客の男女12人。

逮捕容疑は、店関係者の3容疑者は4月16~23日、従業員8人は今月16日夜に店でバカラ賭博をさせたとされ、客12人は同16日夜に店でバカラ賭博をしたとされる。同署は、従業員らの認否を明らかにしていない。

署によると、店は毎日、午後8時~翌午前10時に営業。新型コロナの感染拡大前から多くの客が集まっていたという。
(引用:中日新聞https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020051790112731.html)

今回の名古屋市のインカジ店の摘発でも、従業員に加えてお客も逮捕されています。やはりインカジは危険です。

また逮捕された客が「新型コロナの影響で行くところがなく週2~3回は通っていた」と供述していますが、まさに自分でリスクを倍増した典型的ケースだと思います。

2019年名古屋市のインカジ摘発事件

愛知県警中署などは12日(2019/5/12)、常習賭博の疑いで名古屋市中区栄のインターネットカジノ店「ジャンプ」の従業員浅川剛吏容疑者(30)
と清田亮哉容疑者(23)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は12日(2019/5/12)午前0時25分ごろ、客2人にパソコンでバカラ賭博をさせた疑い。
(中略)
中署は客の男2人も賭博の疑いで現行犯逮捕。同店を家宅捜索し、パソコン9台と売上金とみられる現金約270万円を押収した。(西日本新聞)

愛知県の中心、名古屋市は中京・東海地方の政治経済文化の中心で、今でも発展を続けている日本の大都市です。

愛知は、日本が誇る世界のトヨタ自動車の本拠地としても知られていますね。

そんな愛知県名古屋市は、歴史も古く、三種の神器の一つである「天叢雲剣」が祀られている熱田神社も、名古屋市にあります。

また、江戸時代には、徳川御三家の1つである尾張徳川家の城下町としても、大いに繁栄をしました。

そんな名古屋市には、当然ながら周囲から多くの人が仕事や買い物目的で集まってきます。人が集まる場所には、いろんな娯楽が集まり、インカジなどのアングラなサービスも自然と引き寄せられてきます。

大都市である名古屋市の繁華街は、栄や名駅、大須、金山が有名です。

これらの繁華街周辺には、居酒屋などの飲食街はもちろん、あらゆるサービス業が軒を連ねていますがインカジやネカジもその中の1つです。

以前も、名古屋市中区栄4丁目の「横綱」というインカジ店が摘発されましたが摘発のきっかけは、バカラで負けた客がハライセに警察に情報提供したことでした…

2019年になって、また新たな摘発事例が増えてしまいました…。

2016年名古屋市のインカジ摘発事件

愛知県警は、10日深夜、名古屋市中区栄4の賭博店「GOD」従業員・岩井一利容疑者(34)ら関係者の男9人を常習賭博の疑いで現行犯逮捕、客の男5人も賭博の疑いで逮捕した。同店はスロットマシンなどで客に違法に賭博をさせていた。中日新聞などが報じている。

県警によると、店は高額レートで賭ける闇スロットと、バカラなどの賭博をするインターネットカジノの違法な複合店とみられ、クラブを装って客に賭博行為をさせていた疑い。県警は、店内から現金約900万円、スロットマシン60台などを押収。店は紹介制・会員制で、店舗入り口に設置した監視カメラで従業員が会員と確認してから入店させていたという。県警は、売上金が暴力団の資金源になっていた疑いがある判断、運営実態の解明を進めていくという。
(引用:http://www.media-japan.info/?p=785)

2020年のインカジ摘発事件

さらに名古屋市の事例ではありませんが、

富山県内初 インターネットカジノ店摘発 経営者や客ら4人を逮捕
(2020年01月23日 18時30分)

 富山市のインターネットカジノ店が摘発され、店の経営者などあわせて4人が逮捕されました。
 摘発されたのは富山市総曲輪1丁目のインターネットカジノ店「ブラックリバー」で、県警は、店の経営者で店長の福田直人(ふくだ・なおと)容疑者(30)を常習賭博の疑いで現行犯逮捕しました。
 (中略)
この店で賭博をしていたとして砺波市鷹栖(たかのす)の自称・アルバイト従業員國井聖太(くにい・しょうた)容疑者(20)と砺波市野村島(のむらじま)の
自称・無職田邉雄大(たなべ・ゆうだい)容疑者(20)を現行犯逮捕しました。
 
 警察は、店の売り上げ金の一部が暴力団組織の資金源になっていた可能性もあるとみて調べを進めています県内でインターネットカジノ店が摘発されるのは、今回が初めてとなります。(引用:http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20200123191225)

今年(2020年)になって、また新たなインカジ摘発事例が増えてしまいました…。
しかし富山市総曲輪でもインカジの経営が成り立つほどインカジ(ネカジ)の人気は根強いのか…と驚いてしまいます。(ある意味勉強になりました。)

違法インターネットカジノ店・4店の経営者ら31人を逮捕
(2020年03月13日)

警視庁は東京・新宿区歌舞伎町などにある違法インターネットカジノ店4店舗を摘発し、4店舗の経営者と従業員ら合わせて20人を客に賭博をさせた疑いで逮捕した。
また当時、店にいた客11人がその場で逮捕され、その後、釈放されている。
店は会員制で看板などはなく、防犯カメラで客の顔などを確認して入店させていた。
(引用:https://jcc.jp/sp/jiken/38011/)

やはり、インカジの利用は危険です。

インカジやネカジは利用してはダメ!

インカジやネカジ(違法なカジノカフェ)は絶対に利用してはいけません。

インカジやネカジは違法で客も逮捕される

インカジやネカジ(違法なカジノカフェ)は非合法で警察の摘発があると客も現行犯逮捕されます。

そもそもインカジやネカジの店内に入るには誰かの紹介が必要で、一見の客は入店できないのが通常でしょうからカジノ店内に入るだけでも大変そうです。

面倒くさくて、その上、検挙される危険があって、個人的にはインカジやネカジで遊ぶ理由が見当たらないと思います。

オンラインカジノは安全

一方で、オンラインカジノは安全です。

その理由は、現在の日本には正規のカジノライセンスを発行され合法的に運営されているオンラインカジノを取り締まる法律が存在しないからです。

※インカジとオンラインカジノの違いはコチラを参照下さい。

インカジは新型コロナウイルス対策からも危険

2020年4月現在、日本と世界をパンデミックの恐怖で覆いつくしている「新型コロナウイルス感染症」を予防する観点からもインカジやネカジは危険です。

名古屋市のホームページには次のように書いてあります。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。(引用:名古屋市公式ウェブサイト

インカジやネカジで遊ぶと、閉鎖した空間で長時間過ごすことになり、新型コロナウイルス感染症を予防する観点からも危険だと言わざるを得ません。

当分の間は名古屋市内の自宅からオンラインカジノで遊ぶ方が健康という観点からもおすすめです。

オンラインカジノが使いやすくなった!

インカジ名古屋の画像
最近は、海外オンラインカジノが、日本人にも増々使いやすくなってきています。

例えば、iphone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマホ携帯端末、ipad(アイパッド)などのタブレット端末からでもプレイできたり、クレジットカードで入金できたり・・・日本語対応は当たり前みたいな感じですね。

摘発されるリスクを伴うインカジやネカジの利用者は、どうして危険な目に遭いながらも利用するのでしょう?

理由の一つは、カジノへの入出金が簡単で煩わしくないということがあります。

※海外オンラインカジノでプレイするには、カジノで使える海外のネットバンクに口座開設する必要がありますが、これがなかなか面倒でここで挫折してしまう人も少なくありません。それに日数もかかります。

でも上に書いたように、最近はクレジットカードで入金できるオンラインカジノが増えていて、カードで入金すると、まさにスマホゲームで課金する感覚で入金が可能ですし、カード入金の場合カジノ内の口座にすぐに反映されるので即プレイ可能です。
(ネットバンクなどの他の方法だと、こうはいきません。入金反映まで待たされます。)

また、カジノから出金する場合も<国内銀行送金>や<エコペイズ><ヴィーナスポイント>など便利な方法が準備されているので、数日で現金化することが可能です。

個人的には、もう、わざわざインカジやネカジまで出かけて行って、かつ、リスク(危険)を冒して、インターネットカジノ(インカジ)で遊ぶ必要は殆ど無くなったと感じています。

オンラインカジノから賭博罪の心配が無くなった

ちなみに、海外のオンラインカジノに日本国内の自宅などからアクセスしてギャンブル(賭け)をしても、それを取り締まる法律がないので、摘発されたり捕まることはありません。

※日本から海外のオンラインカジノでギャンブルを楽しんだ場合の違法性については裁判所は判断をしていません。

※2017年1月、海外で合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノに日本国内のパソコンからアクセスしたケースで、日本の検察庁は不起訴という判断をしました。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
これは画期的なことです。

詳しくはこちらを参照下さい。→不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件
(賭博罪専門で日本唯一:津田岳宏弁護士のブログへ)

インカジやネカジは逮捕されるので危険

しかし、客にインターネットカジノをプレイする場所を提供し、その場で現金に清算してくれるインカジ(ネカジ)は、国内での賭博行為が成立しているものとみなされ、賭博罪に該当して摘発される危険があります。

現に、多くのインカジ(ネカジ)がこれまでに賭博容疑で摘発されていますので、決してインカジ(ネカジ)には近づいてはダメです。

※お店(インカジ)側から合法ですと説明されても絶対に信じないでください、現行犯逮捕されてしまいます。

現行犯逮捕された後はどうなる?

多くの場合、現行犯逮捕されると略式起訴されて罰金刑で一件落着するケースがほとんどのようです。罰金刑は微罪なので「まあいいか」と自分を納得させる人もいるようですが…

注意が必要なのは、罰金刑も前科がついて、捜査機関(警察・検察)に記録が残るということです。

俗に言う「前科者(ぜんかもの)」になることのデメリットとしては、例えば医師や歯科医師、薬剤師の免許を与えられないこともある等、全くデメリットが無いわけではないことを理解しておく必要があります。

インカジ@名古屋市を安全に満喫する方法|まとめ

・インカジやネカジは違法で賭博罪に該当しガサ入れの対象となっている
・一方で海外のオンラインカジノは安全
・最近オンラインカジノが使いやすくなってきた
・クレジットカードで入金できるオンラインカジノも増えている
・クレジットカードで入金するとスマホゲームに課金する感覚で即プレイ可能
・名古屋市から海外オンラインカジノで遊んでも取り締まる法律がないので安全

名古屋市のインカジ、ネカジよりオンラインカジノがおすすめ

現行犯逮捕の危険を伴うインカジやネカジで遊ぶより、これからは安全に遊べて本格的カジノを満喫できる海外オンラインカジノでスマートに楽しみましょう!

Vera&John(ベラジョンカジノ)

ベラジョンカジノの評価
⇒モバイル対応度     ★★★★★☆
⇒日本語サポートの充実  ★★★★★☆
⇒キャンペーンの充実   ★★★★★☆
⇒初回入金ボーナスの充実 ★★★★★
⇒入出金方法の充実     ★★★★
⇒スロットの充実      ★★★★

ベラジョンカジノのおすすめ理由(クリックすると開きます)
おすすめ理由:
⇒ベラジョンカジノは厳しい競争で知られる日本のオンラインカジノ業界でトップの人気を守り続けているカジノです。まだアカウント未登録の方には登録を強く推奨します。

⇒ベラジョンの【日本人向けキャンペーン】【お得なボーナス】【日本語サポート(年中無休)】はユーザー評価が高いことで知られています。
さらにベラジョンのモバイルサイトは使いやすいことで有名で、スマホでカジノを楽しみたい方にも強く登録を推奨します。

⇒ベラジョンカジノはもちろんカード入金に対応していますので手軽にカジノライフをスタート可能です(その他の多様な決済サービスも用意されています)し、出金は国内の銀行口座に直接、手数料無料で送金が可能です。

Vera&John(ベラジョンカジノ)はマルタ共和国(Malta)のカジノライセンスの認可と発行を受けています。

 
ベラジョンカジノは現時点で日本人が最も選んで間違いないオンラインカジノです。話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

詳細ページで【新規登録マニュアル】【入出金マニュアル】プレゼント中なのでスタートは簡単

BitCasino(ビットカジノ)←日本円での入金にも対応

ビットカジノの評価
⇒本人確認書類が不要   ★★★★★☆
⇒出金スピードが速い   ★★★★★☆
⇒日本語サポートの充実  ★★★★★
⇒VIPプログラム充実度 ★★★★★
⇒モバイル対応度      ★★★★
⇒スロットの充実      ★★★★

ビットカジノのおすすめ理由(クリックすると開きます)
おすすめ理由:
⇒ビットカジノは暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン)のままで賭けて遊べる世界初のビットコイン専門オンラインカジノです。

⇒ビットカジノの出金スピードは最短で2分という他のオンラインカジノでは考えられない速さです。

⇒ビットカジノはオンラインカジノで唯一(本当にここだけ)本人確認書類の提出が不要なオンラインカジノです。なので生年月日とメールアドレスを入力するだけでサクッと登録が完了し本格カジノで遊ぶことができます。

⇒ビットカジノならサイト内でクレジットカード決済でサクッとビットコインを購入することができます。

⇒ビットカジノは最近、日本円での入金にも対応して、一層、日本人が使いやすいオンラインカジノになりました。(日本円でプレイする場合も本人確認書類は不要です😎)

BitCasino(ビットカジノ)はオランダ領アンティル諸島キュラソーのカジノライセンスの認可と発行を受けています。

ビットカジノは本人確認書類が不要で「生年月日」と「メールアドレス」だけで登録が完了しますのでサクッとカジノのアカウントを作ってサクッとカジノで遊びたい人にピッタリのオンラインカジノです。また話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

詳細ページで【新規登録マニュアル】【入出金マニュアル】プレゼント中なのでスタートは簡単

カジ旅(casitabi)←スロットもクエストも楽しめて一石二鳥

カジ旅(casitabi)の評価
⇒世界初のRPG要素が秀逸 ★★★★★☆
⇒スロット(ブリッツ)が◎ ★★★★★☆
⇒日本語サポートが充実   ★★★★★
⇒世界のロトを体験可能   ★★★★★
⇒モバイル対応度       ★★★★
⇒出金スピードが早い     ★★★★

カジ旅(casitabi)はオランダ領アンティル諸島キュラソーのカジノライセンスの認可と発行を受けています。

 

カジ旅(casitabi)は、RPGゲームのように敵を倒すと特典(ボーナスやフリースピン)が貯まり、Blitzモードで6倍速でスロットを打てるなど遊びが満載のオンラインカジノです。また話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

詳細ページで【新規登録マニュアル】【入出金マニュアル】プレゼント中なのでスタートは簡単

ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE)←ライブカジノ狙いならココ

ライブカジノハウス(LIVE CASINO HOUSE)の評価
⇒ライブカジノの重実度   ★★★★★☆
⇒業界最多のライブカジノ数 ★★★★★☆
⇒ライブテーブルの数    ★★★★★
⇒出金対応スピードが早い  ★★★★★
⇒入出金手段の多様性     ★★★★
⇒VIP制度が充実      ★★★★

カジ旅(casitabi)はオランダ領アンティル諸島キュラソーのカジノライセンスの認可と発行を受けています。

 
ライブカジノハウスは2018年に日本に上陸した新しいオンラインカジノです。LIVEカジノは世界でもトップクラスの充実度を誇り「提携カジノハウスの数」や「ライブテーブルの数」は他のオンラインカジノを凌駕し、ライブカジノ狙いの方には特におすすめのオンラインカジノです。また話題の爆裂スロット「ハワイアンドリーム」も打てます😎

詳細ページで【新規登録マニュアル】【入出金マニュアル】プレゼント中なのでスタートは簡単

オンラインカジノのおすすめ ランキング画像

ここまで上(インカジ.tokyo)で説明した「インカジ」や「オンラインカジノ」「オンカジ」に類する言葉には、他にも、

・インターネットカジノ
・ネットカジノ
・ネカジ 

などの言葉が巷で使われています。(ややこしい~どれかに統一してくれ!と言いたいです^^)

正直それぞれのカジノ用語が指す意味に正解は無く、使う人によって意味が違っている混沌とした状態が現状です。

そんな中でも「インカジ」や「ネカジ」と言うと、裏カジノや闇カジノといったアングラで警察の摘発や取り締まりのリスクがある賭博場といったイメージがつきまとっています。

一方で「オンラインカジノ」や「オンカジ」「インターネットカジノ」「ネットカジノ」と言えば、
海外の正式なライセンスを取得して当局の厳しい管理の下で運営され信頼に足るインターネット上のカジノといった意味を含んでいると言えます。

ちなみに、信頼できるネットカジノは海外のライセンスを取得し許可を得ています。
逆に言えばカジノプレイヤーは海外ライセンスの有無を確認してネットカジノへの登録・入金を行うべきでしょう。

じつは、海外のカジノライセンスを取得するには厳しい審査があり、簡単ではありません。

その中でも、以下の国(政府)が発行するカジノライセンスは取得が難しいことで有名です。
・英国(United Kingdom)
・ジブラルタル(Gibraltar)
・マルタ共和国(Malta)
・マン島(Isle of Man)
・オランダ領アンティル諸島キュラソー島(Curacao Netherland Antilles)

これらの海外カジノライセンスを取得して運営されているネットカジノ(オンラインカジノ)は公正に運営され安心してプレイに集中できるネットカジノです。
オンラインカジノのおすすめ ランキング画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました