まだ闇スロの場所を探して廻る?摘発無しで爆裂4号機を打つ方法


12/17日(日)23:59迄:フリースピン150回+「パチンコで使える$10無料クーポン」提供中!
当サイト限定オファー
カジノデイズ【特別入金不要オファー】
・$10ボーナス+300回フリースピン
※フリースピンは登録後毎日100回、3日にわたり合計300回
・賭け条件:35倍
・出金上限:$50
・フリースピン対象ゲーム:Fire Joker
人気スロット「ムーンプリンセス」で遊べる250円/回のキャッシュスピンを15回獲得!

【当ページ限定】クーポンコード:incasi30 で$30ゲット!

【新規登録者限定!入金不要賭け条件1倍ボーナス開催中】
・ボーナス額 :$30
・賭け条件:ボーナス額の1倍←5倍に変更(2023/10/1 00:00~)
・出金上限:$300
・ボーナスコード:30nd


ビットカジノは【円】または【仮想通貨】でプレイOKで匿名登録可能な安全な仮想通貨カジノです。
・ビットカジノは、10秒程度で登録完了!
・業界で唯一、本人確認書類の提出が不要。
・日本円で入出金・プレイ可能←円安・為替の影響なし
夜の繁華街の画像

当サイト(インカジTOKYO)は信頼あるGPWA(Gambling Portal Webmasters Association)の厳密な審査をクリアしGPWAメンバーサイトとして認証を受けました。

目次

闇スロの場所を探し当てても闇スロは危険です【リスクフリーで爆裂スロットを打つ方法】

闇スロは逮捕され危険の画像
闇スロはお客も逮捕されるので非常にリスクが大きいです。

このページでは、闇スロのリスクの大きさや闇スロの場所を探すことの無意味さ、摘発の心配無しで爆裂スロを打つ方法について分かりやすく解説します。

闇スロ(闇スロット)とは

闇スロット画像
闇スロ(闇スロット)とは法律(風営法)に違反しながら隠れて営業を続けるスロット店のことで、法律に違反しているので当然ですが警察からの摘発を受けますし、摘発されると店の関係者だけでなく客も現行犯逮捕されてしまいます。

※風営法とは「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」のことです

ちなみにパチンコ・パチスロ業界が運営する「闇スロ撲滅宣言」というサイトがありますが、そこには闇スロの定義として次のように書いてあります。

闇スロ店とは、風営法に基づく許可を受けていない無許可営業の店舗でかつ設置されているパチスロも許可を受けずに違法改造され賭博として営業しているものであります。
闇スロ店の特徴としては
・改造したパチスロ遊技機を使用している。
・パチンコ店と異なり営業許可を受けていないので看板を掲げていない。
・入口から中が見えない、入口に鍵がかかっている。
・マンションの一室
などが挙げられます。 (引用:https://www.yamisulo.com/about.php)

この他にも闇スロ(闇スロット)の特徴として「高レート」であることが挙げられます。通常のパチスロ店の倍(1枚40円レート)など、闇スロ店はハイレートで打てる店が多く、これが闇スロ人気の理由の一つになっています。

この「闇スロ撲滅宣言」というサイトは分かりやすく闇スロについて解説してありますが、パチンコ・パチスロ業界がわざわざこのようなサイトを作らなければならない程、日本の社会に闇スロ店が蔓延しているということだと思います。

闇スロ(闇スロット)店のレート相場

闇スロ(闇スロット)店にはレートの縛りはないので、それぞれの店が独自のレートを決めていますが、一般のスロット店の倍のレート設定をしている闇スロが多くスロットファンの心を鷲掴みしているようです。
鷲掴み画像
元闇スロ店スタッフの話でも、普通のスロット店の2倍、1枚40円レートの人気が高いとのことですが店によっては1枚50円や1枚100円などの高レートで打たせて、客に大きなリターンを狙わせる闇スロ店もあります。むしろ、高レートで打てることが、今も闇スロが一定の支持をスロッターから受けている理由の一つとも言えます。

闇スロの摘発場所(ガサ入れ)の事例

4号機の画像
闇スロの摘発(ガサ入れ)は毎年のように日本全国で行われていてニュースでも報道されています。

2023年鹿児島市の闇カジノ摘発場所

鹿児島市のマンションに設置したパソコンで、海外のインターネットカジノに接続し、客に賭博をさせた疑いで、店の従業員ら男女5人が逮捕されました。5人は11月25日、鹿児島市の女性(28)と共謀し、鹿児島市樋之口町のマンションに設置したパソコンで海外のインターネットカジノに接続し、客にバカラやスロットなどの賭博をさせた疑いが持たれています。「インターネットカジノ店がオープンした」という情報提供を受けた警察が現場を押さえたということです。このとき店で賭博をしていた男3人も単純賭博の現行犯で逮捕されています。
(中略)
この店は2023年オープンし、1日あたり最大で20人程度の出入りがあったとみられ、9月から11月25日までに約2600万円の利益を得ていたとみられています。(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/52cc798a1f356474a324643be00e70b46176c3d1)

2022年東京都(上野)の闇カジノ摘発場所

違法賭博店を開いて客にバカラ賭博をさせたとして、警視庁暴力団対策課は賭博開帳図利の疑いで、住所不詳の店長、ディーラーなどの従業員9人を現行犯逮捕した。客の20~50代の男女8人も賭博容疑で現行犯逮捕し、その後釈放した。いずれも容疑を認めているという。
逮捕容疑は2022年10月16日夜、東京都台東区上野のビルの一室で客に違法なバカラ賭博をさせ、手数料を受け取ったとしている。警視庁は店舗を家宅捜索し、バカラ台や現金約800万円などを押収した。(引用:https://www.sankei.com/article/20221018-T2ETYHG4WJK2HF3IS6AJZNIP3U/)

2022年横浜市(中区)の闇スロ摘発場所

県警生活保安課と伊勢佐木署は2022年7月4日、常習賭博の疑いで、横浜市南区日枝町1丁目、自称自営業の男(47)ら3人を逮捕した。ほかに逮捕されたのは、同市磯子区磯子7丁目、自称自営業の男(43)と東京都町田市、会社員の男(41)。
逮捕容疑は、30歳と24歳の従業員の男2人=ともに常習賭博罪で起訴=らと共謀して6月6日午後7時半ごろ、横浜市中区長者町8丁目の雑居ビル4階の賭博店「アカ」で、顧客1人にパチスロ機を使用した賭博をさせた、としている。調べに対し、47歳の男は容疑を認め、「私が責任者です」と供述し、ほか2人は「関係ない」「全く身に覚えがない」などと容疑を否認している。
2020年11月に情報提供を受けた県警が内偵捜査を進め、営業時間外に3人が同店を出入りしているのを確認していた。押収した資料などから、県警は同店が昨年6月から1年間で約1億2千万円を売り上げていたとみて調べる。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/98f3fa9b42c181492344cff32eceb3d6cade3f74)

2022年大阪(ミナミ)の闇スロ摘発場所

改造されたパチスロ機で客に賭博させたとして、大阪府警保安課などは2022年5月24日、常習賭博の疑いで、大阪市中央区宗右衛門町(そうえもんちょう)にある違法パチスロ店2店舗を摘発
(中略)
府警は23日夜、違法パチスロ店「ゲット」と「ピノ」の2店を家宅捜索。店内にいた客の男女11人を単純賭博容疑で現行犯逮捕し、パチスロ機計73台を押収した。パチスロ機は通常のパチンコ店に設置されているものより射幸性が2~5倍ほど高く改造されていた。両店には摘発を逃れるため二重扉や監視カメラが設置されていたという。(引用:https://www.iza.ne.jp/article/20220524-JTRWQ6LP5RNANATIMTOUGJXKV4/)

2022年愛知県(名古屋市)のインカジ摘発場所

2022年3月9日、名古屋市中区のインターネットカジノ店が摘発され、従業員と客の合わせて4人が警察に逮捕されました。
(中略)
愛知県警によりますと、容疑者らは8日午後6時半ごろ、中区栄4丁目のビルにあるインターネットカジノ店「ダイヤ」で、パソコンを使ってバカラ賭博を行い、客に金を賭けさせた常習賭博の疑いがもたれています。
(引用:https://www.youtube.com/watch?v=gFIJ2W3eEbY)

2022年東京(渋谷区)の闇スロ摘発場所

2022年2月19日、いわゆる「闇スロット」と呼ばれる東京・渋谷のパチスロ店が摘発されました。自称経営者の男は「2週間で1000万円を売り上げた」と供述しているということです。
(中略)
容疑者らは許可を得ず、パチスロ機53台を店内に設置し、客を相手に賭博をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、「パンドラ」は設置許可の期限が切れたパチスロ機を使い、法定レートの2倍で営業していたということです。店内にいた15人の客も逮捕されています。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9a1a1f5b17b10aab5c7aaa05786e7d83aa210151)

2022年埼玉県(草加市)の闇スロ摘発場所

埼玉県警は2022年1月25日、同県草加市の店で違法賭博をしたとして、賭博容疑で大相撲関係者2人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

県警は昨年9月、同県草加市の違法賭博店を摘発。常習賭博容疑などで従業員や客を逮捕し、店からスロットやバカラ台を押収した。捜査の過程で2人が店を訪れていたことが判明した。捜査関係者によると、昨年夏~秋ごろ、同市の店でパチスロ機を使って賭博をした疑いがある。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/581d17007fbae22ac6ff7f3fa48338406875424f)

2021年宇都宮市(平松本町)の闇スロ摘発場所

栃木県警察本部組織犯罪対策一課などは2021年10月17日、JR宇都宮駅東のビルで無許可で賭博店を経営していた67歳の男と客として訪れ、違法賭博をしていた男3人を現行犯逮捕しました。常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは宇都宮市平松本町のゲーム機賭博店の店長(67)です。

容疑者は宇都宮市宿郷の違法賭博店「ベネチアン」の店長として訪れた客に対し金銭を賭けて賭博をさせた疑いがもたれています。また、客として訪れていた(中略)3人が単純賭博の疑いで現行犯逮捕されました。

店の捜査を以前から進めていた県警察本部と宇都宮東警察署が17日未明、50人体制で家宅捜索に入り4人を逮捕したほか、違法賭博に使われていたスロット機14台やポーカーゲーム機4台などを押収しました。調べに対し4人の男は容疑を認めているということです。
(引用:とちテレNEWS https://www.youtube.com/watch?v=gNOzZOnmP7Y)

2021年新宿区(歌舞伎町)の闇スロ摘発場所

警視庁保安課は2021年10月11日までに、パチスロ機を使った常習賭博の疑いで東京都新宿区歌舞伎町の店舗「バカボン」の責任者(51)と従業員(34)を現行犯逮捕した。昨年6月ごろから約1億7000万円を売り上げたとみられる。
同課によると、家宅捜索でパチスロ機47台などを押収。このうち35台はギャンブル性が高く、使用が規制されている「4号機」と呼ばれるパチスロ機だった。客引きや常連客の紹介などで入店でき、約3000人の会員がいたとみられる。
(中略)
同課は、店内にいた客の20~30代男女12人も賭博容疑で現行犯逮捕した。(共同)
(引用:https://www.nikkansports.com/general/news/202110110000366.html)

2021年横浜市(中区)の闇スロ摘発場所

2021年6月9日、横浜市の繁華街でパチスロ機を使った違法な賭博店が摘発され、店の従業員3人が警察に逮捕されました。
逮捕されたのは、横浜市中区の賭博店「ラッキー」の従業員ら3人で、警察によりますと、現金で賭けることができるパチスロ機で9人の客に違法な賭博をさせたとして、常習賭博の疑いが持たれています。
調べによりますと、店はことし4月上旬以降、雑居ビルの2階で毎日、午後6時から翌日の正午にかけて営業し、パチスロ機56台を設置して通常よりも高いレートで客に賭けさせていたということです。
入り口にはカメラが設置され、ドアも2重になっていて紹介がなければ入店できない仕組みで、店からはおよそ450万円が押収されました。
(引用:https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20210609/1050014067.html)

2021年東京都内(葛飾区)の闇スロ摘発場所

東京・葛飾区の違法パチスロ店が摘発され、店長らが逮捕されました。警視庁によりますと、違法パチスロ店、「バスターズ」の店長は2021年5月11日、葛飾区新小岩のビルの一室にパチスロ機54台などを設置し、
客を相手に賭博をした疑いがもたれています。また、26歳の男性店員と客4人も逮捕されました
(中略)
…店は摘発を逃れるため、入り口の扉にカギをかけた上、監視カメラを設置し、客の顔を確認してから入店させていました。店は年中無休で営業し、去年4月からの1年間で1億円ほどを売り上げていたとみられ、調べに対し、全員容疑を認めているということです。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a79cbd3f86f6711566a7962baccfb5c201ac806a)

2021年横浜市(中区)の闇スロ摘発場所

2021年4月6日午前10時10分ごろ、横浜市中区福富町の雑居ビル内にあるカジノ賭博店で、男女3人が客の男性1人にトランプを使って賭博をさせているのを、店内に踏み込んだ神奈川県警生活保安課の捜査員が発見。賭博開帳図利の疑いで3人を現行犯逮捕した。
(中略)
同課によると、摘発された違法カジノ店は「クローバー」という店名で24時間年中無休営業で、店の内外には客を確認するための監視カメラが計17台設置されていた。同課は同日、店内からバカラ台やパチスロ台、現金約6千万円などを押収。
(引用:https://www.sankei.com/affairs/news/210406/afr2104060013-n1.html)

2021年東京(渋谷)の闇スロ摘発場所

2021年2月26日、緊急事態宣言中も営業していた東京・渋谷の賭博店2店舗が摘発されました。常習賭博などの疑いで摘発されたのは、渋谷区のカジノ賭博店とパチスロ賭博店で、客を相手に賭博をした疑いなどで逮捕されました。
(中略)
店や容疑者の自宅からはパチスロ機やバカラ台などおよそ70台が押収されました。
(引用:https://jp.newtoday.cc/domestic/9461.html)

2021年名古屋市(中区錦)の闇カジノ摘発場所

名古屋・中署と愛知県警保安課などは2021年2月17日、名古屋市中区錦三のカジノ店「バスキア」を摘発し、賭博開帳図利の疑いで
(中略)
男女十人の従業員を現行犯逮捕した。賭博の疑いで男性客四人も現行犯逮捕した。
(引用:https://www.chunichi.co.jp/article/204274?rct=national)

今回は闇スロではなく闇カジノでのバカラ賭博が摘発さたケースですが、やはり客も現行犯逮捕されていますので、闇スロや闇カジノで遊ぶのは非常に危険です。

2021年福岡(中洲)の闇スロ摘発場所

2021年2月3日、福岡(中洲)のマンションで「パチスロ賭博」3人逮捕。福岡市の歓楽街・中洲のマンションでパチスロ機を使って賭博をしていた疑いで、店の関係者と客の合わせて3人が逮捕されました。
(中略)
警察によると、先月31日の未明、40歳の客の男を相手に1ポイント40円でパチスロ機を使って賭博をさせた疑いです。客の男も現行犯逮捕され3人とも容疑を認めているということです。店はマンションの1室にあり去年6月ごろから営業していたとみられ、多いときは1日に10人が出入りしていたということです。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/)

2020年歌舞伎町(新宿)の闇スロ摘発場所

新宿・歌舞伎町など繁華街でインターネットカジノ4店舗を経営したなどとして、警視庁保安課は2020年3月13日、経営者の酒井崇寛容疑者(46)=新宿区西落合=や従業員の男20人を常習賭博容疑で、客の男女11人を賭博容疑で逮捕したと発表した。
(中略)
客はパソコン画面を見ながらギャンブルに興じるという。バカラやルーレットの台、スロットマシンが並ぶような昔の違法カジノのイメージはない。保安課によると、摘発された4店は歌舞伎町(新宿区)と六本木(港区)、渋谷区道玄坂にあり、いずれも24時間営業で会員制。入り口は施錠され、防犯カメラの映像などで会員の顔を確認した上で入店させていた。逮捕された客は会社員や無職の20~60代男女で、フィリピン国籍や中国籍の外国人もいたという。(引用:毎日新聞)

2020年東京(八王子)の闇スロ摘発場所

2020年10月、東京・JR八王子駅近くの違法パチスロ店が摘発され、店の責任者や客らあわせて7人が警視庁に逮捕されました。

警視庁によりますと、違法パチスロ店「ナイト」の店舗責任者・鈴木貴史容疑者ら3人は、JR八王子駅近くのビル7階にパチスロ機31台を設置し、客に賭博をさせた疑いが持たれています。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/4affb09e64b132bd94ddadb337c361b93b695241)

2020年名古屋市(中区栄)の闇スロ摘発場所

名古屋・中村署などは2020年7月5日、常習賭博の疑いで、名古屋市中区栄4のカジノ店「アヴェンタ」の経営者と従業員の男を、賭博の疑いで客の男4人をいずれも現行犯逮捕した。スロットマシン19台やパソコン、現金約126万円などを押収した。
(引用:https://www.chunichi.co.jp/article/83580)

今回中村署の摘発を受けた闇スロ店「アヴェンタ」は、名古屋市中区役所南側の繁華街「女子大小路」の一角に位置し、賭博をさせている店があるとの情報提供から内偵を進めていたとのことです。

2020年横浜市(中区福富町)の闇スロ摘発場所

県警は2020年6月15日夜、パチスロ機を使い客に賭博をさせていたとして、横浜市中区のゲーム機賭博店を摘発し、従業員の男3人を逮捕しました。

常習賭博の疑いで現行犯逮捕されたのは、横浜市中区福富町のゲーム機賭博店「マッチョ」の従業員、平井大史容疑者ら男3人です。 県警によりますと平井容疑者らはきのう、20代から50代の客12人に対し、パチスロ機を使い違法な賭博をさせた疑いが持たれています。 この店は5月下旬からこの場所で営業していたとみられていて、県警は15日夜、摘発し、パチスロ機60台などを押収しました。
違法パチスロ押収の画像
(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/765ab03a1c9cc265223284f8f4ff483925211c41)

今回摘発された横浜市中区福富町の闇スロ店からは、違法パチスロ機が60台も押収されたそうです。

2020年名古屋市錦3丁目の闇カジノ摘発場所

客にバカラ賭博をさせたとして、愛知県警中署などは2020年5月16日夜、賭博開帳図利などの疑いで名古屋市中区錦3のカジノ店「Q」を家宅捜索し、店の従業員や客ら計23人を同容疑などで逮捕、バカラ台4台と現金約700万円を押収した。客の1人は「新型コロナウイルスの影響で行くところがなく、週2~3回は通っていた」と供述しているという。

逮捕されたのは、店の営業に関係していたとみられるいずれも職業不詳の浦野貴士(45)=同県小牧市北外山、東川隆洋(58)=名古屋市中川区富船町3、小柴孝(75)=同市中区新栄1=の3容疑者と、家宅捜索時に店にいた従業員の男女8人、客の男女12人。

逮捕容疑は、店関係者の3容疑者は4月16~23日、従業員8人は今月16日夜に店でバカラ賭博をさせたとされ、客12人は同16日夜に店でバカラ賭博をしたとされる。同署は、従業員らの認否を明らかにしていない。

署によると、店は毎日、午後8時~翌午前10時に営業。新型コロナの感染拡大前から多くの客が集まっていたという。
(引用:CHUNICHIWEB https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020051790112731.html)

今回の摘発は闇スロではなく闇カジノでバカラ賭博のケースですが、やはり客も逮捕されています。新型コロナウイルスで行くところがないのは分かりますが、闇スロや闇カジノで遊ぶのは危険過ぎます。

2020年仙台市国分町の闇スロ摘発場所

仙台で闇スロ摘発2020年3月11日
仙台中央署と宮城県警生活環境課は2月19日、仙台市青葉区国分町2丁目のパチスロ賭博店「SEVEN7」(セブン)の経営者、愛甲博志容疑者(47)を常習賭博の疑いで、客として利用した同区の飲食店従業員の男(34)と富谷市の無職の男(27)を賭博の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。20日付けで朝日新聞が報じた。
愛甲容疑者はパチスロ機約35台を設置した店内で、男2人に現金を賭けさせて賭博をした疑い。同容疑者は2018年ごろから無許可で同店を経営。県警は倉庫にあるものも含めてパチスロ機約60台を押収したという。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

仙台市の国分町といえば東北地方を代表する繁華街ですが、やはり闇スロなどの違法スロット店は繁華街の中に紛れて営業しているんですね。

2020年渋谷の闇スロ摘発場所

渋谷の闇スロ店摘発2020年2月25日
警視庁渋谷署は2月10日、違法パチスロ店経営、田辺正章容疑者(49)ら男3人を常習賭博容疑で逮捕したと発表した。3人は昨年9月28日、渋谷区道玄坂の違法パチスロ店「ルビー」にパチスロ機28台を設置して違法営業し、男性客6人に賭博をさせた疑い。
田辺容疑者が使用していた渋谷区内のマンションの部屋からはパチスロ機が14台見つかり、警視庁は、ここでも違法な賭博を行っていたとみて調べている。田辺容疑者は調べに対して黙秘。他の2人のうち1人は容疑を認めているという。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

渋谷の道玄坂といえば超有名な繁華街でサイト管理人の私もよく昼食を食べに通った場所ですが(幸か不幸か)闇スロの気配を感じたことはありませんでした…

2020年福島県(郡山市)の闇スロ摘発場所

福島・郡山で闇スロ摘発2020年3月23日
福島県郡山市で無許可のパチスロ店を経営し、客に賭博をさせたとして郡山署が3月7日、常習とばくの疑いで同市桑野に住む関根史孝容疑者(48)を現行犯逮捕した。福島民友などが報じた。
逮捕容疑は雑居ビルの一室にパチスロ10台を設置し、県公安委員会の許可を受けずに営業し、客に賭博をさせた疑い。客の男2人も現行犯逮捕された。警察は内偵捜査を進めていたという。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

お客の男性も現行犯で逮捕されています。

2019年名古屋市錦の闇スロ摘発場所

名古屋の錦で闇スロ店舗が摘発2019年6月11日
名古屋市の錦で闇スロ店舗「諭吉」を営業し、客を相手に賭博をさせたとして店舗責任者の三浦弘賢容疑者(31)が警察に逮捕された。東海テレビが6月11日に報じている。同店は昨年9月ごろから営業を始め、月に300万円ほどの利益を上げていたという。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

2018年新宿(歌舞伎町)の闇スロ摘発場所

新宿の歌舞伎町で闇スロ店などが摘発2018年6月27日
警視庁は6月22日、新宿区歌舞伎町のバカラ賭博店「フラワー」責任者の阿佐美利光容疑者(49)および闇スロ店「クランキー」責任者の大畑亮二容疑者(31)ら計15人を、賭博開帳図利などの疑いで21日に現行犯逮捕したことを発表した。新聞各紙が23日に報じた。
阿佐美容疑者らは店内で客にバカラ賭博をさせ、大畑容疑者らは店内のパチスロ機43台で賭博をした疑い。いずれも容疑を認めているという。また客の男女13人も賭博の疑いで現行犯逮捕された。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

この新宿歌舞伎町の摘発事例でも客が13人も現行犯逮捕されています。

2018年横浜市(中区)の闇スロ摘発場所

横浜市中区で闇スロ店が摘発、従業員の女が逮捕2018年3月8日
横浜市中区で、闇スロ店「ランボー」が摘発され、従業員の新部郁美容疑者(56)が常習賭博の疑いで逮捕された。容疑を認めているという。3月7日にTBS NEWSが報じた。
逮捕容疑は、中区太田町にある雑居ビルの3階で、スロット台55台を設置し、30代から40代の客の男6人に賭博させた疑い。店は、午後7時から翌日の午後4時まで毎日営業していたとみられ、去年11月頃からのおよそ4か月間で3600万円あまりを売り上げていたという。(引用:https://www.yamisulo.com/case.php)

闇スロ摘発で客も現行犯逮捕