広島で闇スロの場所探すより、逮捕無しで安全に爆裂スロが打てます

スロット中毒の画像

闇スロ(闇スロット)とは?

闇スロ画像1
闇スロ(闇スロット)とは、非常に簡単に言えば、「今でも4号機を打てる違法なスロット店」ということになります。

4号機とは(ご存知でしょうが)かって「全国のパチスロ店を鉄火場にした」元凶と言われた、出玉性能が半端ないスロット機のことで、今現在は通常のパチスロ店からは撤去されてしまい、打ちたくても打つことができない幻のスロット台です。

闇スロ(闇スロット)は、そんな幻の4号機を今でも打てるという点がコアなスロットファンに大きなアピールポイントとなっていて、日本全国で法律に違反しながら隠れて営業を続ける闇スロ(闇スロット)店の人気は途絶える気配が見えません。

パチスロ業界の闇スロ(闇スロット)の公式定義とは?

パチンコ・パチスロ業界が運営するサイト『闇スロ撲滅宣言』で、闇スロ(闇スロット)の公式定義ともいえる記述があり、わかりやすく説明してあるのでご紹介します。

闇スロ店とは、風営法に基づく許可を受けていない無許可営業の店舗でかつ設置されているパチスロも許可を受けずに違法改造され賭博として営業しているものであります。

闇スロ店の特徴としては

改造したパチスロ遊技機を使用している。
パチンコ店と異なり営業許可を受けていないので看板を掲げていない。
入口から中が見えない、入口に鍵がかかっている。
マンションの一室
などが挙げられます。
(参照:https://www.yamisulo.com/about.php)

改造したパチスロ遊技機の中に4号機も含まれるのでしょうね。

闇スロ(闇スロット)が闇営業する場所はどこ?

繁華街の画像
闇スロ(闇スロット)が現在のタイミングで闇営業している場所は、結論からいうと分かりません。

その理由は、違法カジノの宿命として警察の摘発を免れるために短期間で場所変えをしてしまうからです。なので、店の関係者や常連客でない限り闇スロ(闇スロット)の具体的な場所を特定することは難しいです。

ただし、闇スロ(闇スロット)店が隠れて営業してそうな大雑把なエリア(場所)は大体わかります。

闇スロ(闇スロット)@広島が高確率で見つかる場所

↑の『闇スロ撲滅宣言』にも書いてあったとおり、闇スロ(闇スロット)はマンションの一室とか雑居ビルとかに目立たないように入居していることが殆どです。

そして、そのマンションや雑居ビルは、ほぼほぼ繁華街や歓楽街と呼ばれる地域内の物件に限られています。

広島市で、有名な繁華街や歓楽街といえば、「八丁堀」や「紙屋町」「流川」などが知られています。これらの場所を探せば闇スロ(闇スロット)が見つかると思います。他にも「薬研堀」とか「新天地」も候補にあがりますね。

過去には広島市中区薬研堀での摘発事例があります。

広島市中区薬研堀のゲーム店で客にバカラ賭博をさせたなどとして、広島県警は29日夜、常習賭博容疑でゲーム店「インター9カジノジャパン」のアルバイト店員、川口輝容疑者(24)=広島市中区=ら2人を、賭博容疑で客の会社役員、信岡祐輔容疑者(26)=広島市安芸区=ら3人を現行犯逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

逮捕容疑は29日午後10時10分ごろ、川口容疑者らが客の払った現金をポイント化し、店内にあるパソコンでバカラ賭博などをさせ、ポイントに応じて換金したなどとしている。
(出典:産経ニュース)

闇スロ(闇スロット)@広島の見つけ方

最も簡単で確実に広島の闇スロ(闇スロット)を見つける方法は、関係者や常連客に紹介して貰うことです。

何のつてもなく見つけるのは難しいですが、風俗の無料紹介所があるような歓楽街のキャッチのお兄さんに聞けば教えてくれるかも知れません。

しかし最近の闇スロ(闇スロット)はガサ入れを警戒して客層を限定しているので、うまく行かないことも有り得ます。

狙ってできることではないですが、新しく開店した闇スロ(闇スロット)が路上で客寄せすることもあるので、タイミングが合えば闇スロ(闇スロット)にたどり着けます。

闇スロで打てる4号機とは?

4号機とは、かって「全国のパチスロ店を鉄火場にした」元凶と言われた、出玉性能が半端ないスロット機のことで、今現在は普通のパチスロ店からは撤去されてしまい、打ちたくても打つことができない幻のスロット台です。

4号機は、初めてリプレイ機能が搭載されるなど射幸性が高く、その結果公安委員会や警察が問題視して路面店から姿を消した歴史があります。

どれくらい射幸性が高かったかといえば「4時間で万枚オーバー」とか「朝から吹いて6万5000枚」など…とにかく驚異的な出玉性能で、朝から台取りの行列ができる程のフィーバーぶりで社会問題にもなっていました。

闇スロ(闇スロット)が姿を消さない理由

警察やパチスロ業界が撲滅宣言を唱えて、全国で闇スロの摘発が実施されても、コアなスロマニアから根強い支持を受けて一向に姿を消す気配がない闇スロ(闇スロット)店ですが、撲滅できない1番の理由が「闇スロに行けば4号機が打てる」という状態が存在することだと思われます。

逆に言えば、それほど4号機にはスロットファンを惹きつけ続ける(魔力のような)魅力が今も存在していると言えます。

闇スロ(闇スロット)が摘発されると客も無事では済まない

arrest画像
闇スロ(闇スロット)が摘発されると、店の経営者や関係者だけでなく、客も現行犯逮捕されます。

よく会社の先輩や同僚に何気なくついて行った先が闇スロだった…という話を聞きますが、そのことがどれくらい危険なことなのか、その後の人生を左右しかねないことなのか解説します。

闇スロで現行犯逮捕された…その後について

通常は現行犯で逮捕されると、留置場で勾留されます。多くの場合、そのままそこで一夜を明かして翌日に検察庁で検察官からの取調べを受けることになります。

ちなみに留置場から検察庁までは、警察の護送車に乗って向かうことになります。

無事に検察官の取調べが終われば釈放となりますが、ケースによっては勾留が続くことも考えられます。

賭博罪での現行犯逮捕の場合(とくに初犯など)は、多くは微罪の罰金刑で終わることがほとんどです。しかし、重要なのは、罰金刑でも前科はついて、俗に言う「前科持ち」となってしまうことに注意する必要があります。

闇スロに行くことは、その後の人生を「前科持ち」として過ごすことになる危険がある、ということを充分に理解して下さい。

4号機を凌駕するスロット『ハワイアンドリーム』とは

ハワイアンドリーム2画像

ハワイアンドリーム大当たり画像
(↑爆裂スロット「ハワイアンドリーム」で$13600ゲットの瞬間↑)

かって4号機のフィーバーを体験したスロットファンの間で(4号機を凌駕すると評判で)すでに日本のスロマニアの中では定番機種となってしまったスロットが存在することをご存知ですか?

そのスロットとは『ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)』というスロット機なんですが、そのハワイアンドリーム(ハワドリ)で日本人の男性が1000万円オーバーという大勝をゲットしてしまいました。


▶ 逮捕無しで打てる「ハワイアンドリーム」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました