闇スロ@熊本の場所探しよりお薦め!合法に爆裂スロット機を打つ方法

熊本城の画像

闇スロとは

闇スロ画像1
闇スロとは、風営法に違反して隠れて営業している非合法スロット店のことです。

闇スロは法律に違反しているので警察の取り締まりを受けますし、摘発の際には店内のスタッフはもちろん、お客も逮捕されてしまいます。

なので闇スロ店を利用することは「非常に危険なリスクを犯している」ということを理解する必要があります。(もし、闇スロの危険を理解せずに利用しているのなら即刻止める方が賢明です。)

そんな非合法で危ない闇スロ店ですが、警察の摘発が続いても姿を消す気配はなく、全国で地下営業を続けています。

闇スロの定義

パチスロ業界が公式に運営するサイト「闇スロ撲滅宣言」では、次のように闇スロを定義しています。

闇スロ店とは、風営法に基づく許可を受けていない無許可営業の店舗でかつ設置されているパチスロも許可を受けずに違法改造され賭博として営業しているものであります。

闇スロ店の特徴としては
改造したパチスロ遊技機を使用している。
パチンコ店と異なり営業許可を受けていないので看板を掲げていない。
入口から中が見えない、入口に鍵がかかっている。
マンションの一室
などが挙げられます。
(参照:「闇スロ撲滅宣言」)

闇スロが営業する場所

繁華街の画像
違法な闇スロ店が隠れて営業している場所は、マンションの一室や雑居ビルの中などで、一見してそれと分らないように偽装されています。当たり前ですが店の看板なども掲げてありません。

さらに、闇スロ店は警察の捜索の手が伸びて来ないように、短期間の間に何回も転居して居場所が判明しないような工作もしています。

なので、今のタイミングで闇スロ店の所在場所を特定はできませんが、ありそうなエリアは比較的かんたんに分かります。それは過去に闇スロ店が警察から摘発を受けた場所を調べれば判明します。

熊本で闇スロが見つかりそうな場所

熊本下通り画像
闇スロは基本的に、人混みが多い都市の繁華街周辺の場所にあると思って間違いありません。(その方が目立たないですし)

熊本の場合、繁華街はJR熊本駅から少し離れた場所にあり、駅からは路面電車で行くことができます。路面電車に乗って10分程度で到着する「熊本城」や「市役所前電停」で下車すれば、熊本一の繁華街・歓楽街は目前です。

熊本で最も賑やかな繁華街は「上通」「下通」「サンロード新市街」と呼ばれるアーケード街で、場所的に3つとも繋がってるので、昼はショッピング夜はネオンを求める人で、昼夜問わず賑わっている場所です。

中でもサンロード新市街は熊本の歓楽街として有名で、キャッチのお兄さんも普通に見かけます。なので、キャッチなどの客寄せに聞いたら場所を教えてくれるかも知れません。しかし、闇スロ側もガサ入れを警戒して客を選ぶようになっているので、一見の客は相手にされない可能性もあります。

爆裂4号機とは

闇スロ画像4
爆裂4号機とは1992年にパチスロ店に登場し、その出玉性能やスピードが半端なく射幸性が高すぎるとして公安委員会や警察から目をつけられて2007年に路面店から撤去され姿を消したスロット台のことです。

「北斗の拳」や「獣王」、「吉宗」「ミリオンゴッド」…など名前を上げたらキリがありませんが有名なパチスロ4号機爆裂台がいくつも存在していました。

このパチスロ4号機が健在だった時代には、4号機目当てで小さな店でも数十人の行列は当たり前で、皆、命がけでスロット台を取り合ってました。

今でも全国のパチスロ店を鉄火場にしてしまった元凶と考えられているのが、この爆裂4号機というスロット台です。

闇スロ店が無くならない理由

全国の警察やパチスロ業界団体が「闇スロ撲滅宣言」をして摘発しても、姿を消すことなく全国的に闇営業を続けているのが闇スロですが、撲滅できない一番の理由が爆裂4号機の存在だと思われます。

「1時間で5箱」「1日で3万枚」「スロットだけで食べていける」…など半狂乱状態が当たり前になっていた原因、主犯格の爆裂4号機は、一度味わったら虜になってしまう悪魔的魅力を持ったスロット台で、そんな爆裂4号機を今でも打てるというスロマニアの衝動こそが闇スロが無くならない原因なのでしょう。

闇スロは客も逮捕される

逮捕の画像
闇スロは違法なので常に警察のガサ入れの危険がつきまといますし、その際に店の関係者はもちろんですが客も現行犯逮捕されてしまいます。

なので、「闇スロ店に行くことは非常に大きなリスクを犯しているんだ」という自覚が求められます。

闇スロで逮捕されるとその後どうなる?

通常のケースで言えば、現行犯逮捕されると、まづ留置場に連れて行かれます。そのまま一夜を過ごし、そして翌日に検察庁に移動させられて検事から取り調べられます。

検事の取り調べが終われば釈放されますが、ケースによっては勾留が続く可能性もゼロではないです。

ちなみに、賭博罪は(とくに初犯の場合)微罪の罰金刑で済むことが多いです。しかし、罰金刑でも前科はついて検察や警察などの捜査当局には記録が残ってしまいます。

爆裂4号機と前科と、どちらを選びますか?

闇スロが摘発を受けて現行犯逮捕されると、微罪の罰金刑で済んでも「前科持ち」とみなされることに注意して下さい。

前科持ちになってしまうことで、職業によっては解雇されてしまう可能性もゼロとは言えませんし、医師や歯科医師、薬剤師などの資格免許を与えられない可能性も発生してしまいます。

なので、いくら微罪でもその後の人生にデメリットが起こることは有り得ます。

爆裂4号機は、あなたの人生を賭けてまで打つようなモノではありません。

爆裂4号機の再来!と話題のスロット「ハワイアンドリーム」とは

ハワイアンドリーム2画像

ハワイアンドリーム大当たり画像
(↑爆裂スロット「ハワイアンドリーム」で$13600ゲットの瞬間↑)

最近、スロットファンの間で「ハワイアンドリーム」という話題のスロットがあることをご存知でしょうか?

この「ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)」というスロットは、リプレイ機能さながらの「リスピン機能」を搭載するなど、すでに定番機種として日本のスロットファンの心を鷲掴みしてしまいました。

そんな「ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)」で、日本人の男性が$185,000も勝ってしまい、その後も、続々と1千万オーバーの獲得情報が飛び込んで来てます。


▶ 爆裂機ハワイアンドリーム詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました